Pic_mochidai

持永 大 Dai Mochinaga

サイバーセキュリティ分野の研究、調査を行っています。ネットワーク技術、サイバーセキュリティ技術、関連する政策について調査・研究を行うとともに、ネットワークの可視化技術の開発を行い、近年は、サイバー空間における安全保障に関して調査・研究を行っています。2018年11月よりワシントンD.C.にて奮闘中。

Cybersecurity researcher with relevant experience of technology and policy research, defence strategy analysis, R&D strategy development, and software development. Here is my english contents.

略歴

2008年早稲田大学大学院理工学研究科物理学及び応用物理学専攻修了(理学修士)2013年早稲田大学大学院基幹理工学研究科博士課程修了、博士(工学)。2008年より株式会社三菱総合研究所にてサイバーセキュリティ分野の研究、調査に従事しています。官公庁向けにネットワーク技術、サイバーセキュリティ技術などの調査・研究を行うとともに、ネットワークの可視化技術の開発を行い、近年は、サイバー空間における安全保障に関して調査・研究を行っています。

プロジェクト

経歴

  • 2019/06 -
    慶應義塾大学SFC研究所 上席所員
  • 2008/04 - 2018/10
    株式会社三菱総合研究所 研究員
    Researcher at Mitsubishi Research Institute Inc.
  • 2015/10 - 2017/09
    日経・CSISバーチャル・シンクタンク フェロー
    Fellow at CSIS-Nikkei Virtual Thinktank
  • 2010/09 - 2013/08
    早稲田大学大学院基幹理工学研究科情報理工学専攻(博士(工学))
    Doctor's Course Student at Department of Computer Science and Engineering, School of Fundamental Science and Engineering, Waseda University
  • 2006/04 - 2008/03
    早稲田大学大学院理工学研究科物理学及応用物理学専攻(修士(理学))
    Master's Course Student at Department of Applied Physics, Graduate School of Science and Engineering, Waseda University
  • 2002/04 - 2006/03
    早稲田大学理工学部応用物理学科(学士(工学))
    Bachelor's Course Student at Department of Applied Physics, Waseda University

研究業績

論文誌

  • 持永大, 小林克志, 工藤知宏, 村瀬一郎, 後藤滋樹, ``インターネット上のコンテンツ分布を考慮した光回線交換方式及びCDN方式の採用による省電力化の評価'', 電子情報通信学会論文誌. B, 通信 J94-B(10), 1293-1302, 2011年10月

国際会議(査読付)

  • Dai MOCHINAGA, “Key elements governing cyberspace and security environment in Japan and beyond”, Conference on East Asia ’s Security Challenges, The Truman Institute for Advancement of Peace, January 2018.
  • Dai MOCHINAGA, Katsushi KOBAYASHI, Ryo YAMADA, Shigeki GOTO, Akihiro SHIMODA, and Ichiro MURASE, ``i-Path: Improving Path Visibility for the Future Internet'' , 12th IEEE/IPSJ International Symposium on Applications and the Internet, July, 2012
  • Katsushi KOBAYASHI, Dai MOCHINAGA, Tomohiro KUDOH, and Ichiro MURASE ``What can green hybrid optical circuit architecture achieve?'', IEEE Globecom 2010 Workshop on Green Communications (GreenCom 2010), p1412 - 1416, December 2010
  • Dai MOCHINAGA, Katsushi KOBAYASHI, Shigeki GOTO, Akihiro SHIMODA, and Ichiro MURASE, ``Collecting Information to Visualize Network Status'', 28th APAN Network Research Workshop, p1 - 4, Kuala Lumpur, Malaysia, July 2009
  • K. Ishii, F. Okazaki, J. Kurumida, K. Mizutani, H. Takeshita, K. Kobayashi, D. Mochinaga, S. Namiki, K. Sato, and T. Kudoh, “Unified approach of top-down and bottom-up methods for estimating network energy consumption”, 39th European Conference and Exhibition on Optical Communication (ECOC 2013), London, 2013, pp. 1-3.

国内会議

  • 小林 克志,石井 紀代,並木 周,佐藤 健一,岡崎 史裕,水谷 健二,来見田 淳也,竹下 仁士,工藤 知宏, 持永 大, ``BS-3-1 ショートカット適用によるネットワーク消費電力削減の評価(BS-3.ネットワーク省電力化技術,シンポジウムセッション) BS-3-1 Anetwork power saving estimation using shor-cut in Japan", 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 一般社団法人電子情報通信学会, 2013年3月
  • 持永大, 小林克志, 後藤滋樹, 村瀬一郎, ``ネットワーク内部情報可視化を利用した消費電力削減法", 電子情報通信学会技術研究報告, IA, インターネットアーキテクチャ110 (417), pp.83―87, 2013 年 2 月.
  • 持永大, 小林克志, 工藤知宏, 村瀬一郎 ``パケット交換方式のネットワークの電力消費の評価'', 電子情報通信学会技術研究報告. IA, インターネットアーキテクチャ 110(417), p7-10, 2011年2月
  • 持永大, 杉浦昌, 小松文子, 村野正泰, 上田昌史''情報セキュリティ事象の社会科学的アプローチによる研究の動向'', 情報処理学会研究報告. CSEC, 2009-CSEC-46(41), p1-7, 2009年6月
  • 小林克志, 後藤滋樹, 村瀬一郎, 持永大, "end-to-endクロスレイヤ計測プロトコルおよびAPIの設計開示ポリシにそったネットワーク内部情報可視化の実現", 電子情報通信学会技術研究報告. IA, 108(409), p11 - 16, 2009年1月

著書

  • 持永大, 村野正泰, 土屋大洋, サイバー空間の支配者, 日本経済新聞出版社, 2018 年 8 月 24 日

提言、コラム

  • 日経・CSIS バーチャルシンクタンク, 提言『潜伏型サイバー・テロに備えよ -「信頼のインターネット」構築に向けて-』, 2016 年 10 月 21 日.
  • 持永大, "電力から見るインターネット、リッチコンテンツが引き起こす消費電力の増加", ThinkingTODAY, 三菱総合研究所, 2011 年 10 月.
  • 持永大, "各国で進むインターネット規制:見られない情報が現れる日", Thinking TODAY, 三菱総合研究所, 2010 年 9 月.

講演

  • インターネット上のコンテンツ分布を考慮した光回線交換方式及び CDN 方式の採用による省電力化の評価, 独立行政法人産業技術総合研究所 光ネットワーク超低エネルギー化技術拠点, 2011年2月

学位論文

  • Efficient Communications based on Network Internal Information, July 2013, ネットワークの内部情報の開示に基づく効率的な通信の研究, 2013年7月, 早稲田大学
  • Solutions of Nonlinear Equations governed by Time-Dependent Operators of Subdifferential type, 2008年3月, 早稲田大学